生涯使える結婚指輪を贈りたいならヨンドシーで購入しよう

アームのデザインで選ぶ

人気のデザインは

男性と女性

ジュエリーブランドとして人気のヨンドシーでは、ブライダルジュエリー専門の「ヨンドシーブライダル」も展開されています。
ブライダルジュエリー専門店ならではの、きめ細やかなサポートを受けられるとして、多くのカップルに選ばれています。
ブライダルリング、特に結婚指輪は女性だけでなく男性も身に着けるという事もあり、より慎重に選びたいものです。
結婚指輪を選ぶポイントは様々ありますが、デザインも選定の際に必ずチェックしたいポイントとなっています。
結婚指輪のアーム部分のデザインによって、見た目の印象が大きく変わるためです。
ヨンドシーではリングのデザインは大きく分けて、ストレートライン・ウェーブライン・V字ラインに分けられます。
それぞれのデザインによって実際、身に着けた時の印象がガラリと変化するので、ヨンドシーの店舗ではめてチェックしましょう。
人それぞれデザインの好みに違いはありますが、ヨンドシーではウェーブラインの結婚指輪が人気となっているようです。
ウェーブラインは、柔らかな曲線美がデザインのポイントです。
身に着けた時に自然に手元に馴染みやすいという点が、ウェーブラインの魅力となっています。
ウェーブラインと聞くと男性には難しいデザインなのでは・・と、感じる方もいるかもしれません。
ヨンドシーのウェーブラインは、計算されたデザインになっているので男性が身に着けても、嫌味が無い仕上がりとなっています。
ですので、男性でも違和感なく身に着ける事が出来るでしょう。

3つのラインから選ぼう

指輪

結婚指輪を選ぶ際、指輪のアーム部分のデザインで決めるという方法もあります。
アーム部分のデザインが変わるだけで、身に着けた時の印象はガラリと変わるのです。
実際、はめてみる事で自分の指に似合うデザインか、そうで無いデザインかを判断出来ます。
ブライダルジュエリー専門店も展開している「ヨンドシー」では、ストレートライン・ウェーブライン・V字ラインと、この3つのラインの結婚指輪が多く取り揃えられています。
ストレートラインの結婚指輪は、シンプルなデザインです。
普段、指輪を身に着ける機会が少ないという人でも、比較的違和感なくはめる事が出来るでしょう。
ウェーブラインは指輪のアーム部分が、ゆるやかな曲線になっています。
ヨンドシーでは、このウェーブラインのデザインが特に人気です。
ウェーブラインと聞くと男性には甘すぎるのでは・・と考えてしまいがちですが、ヨンドシーのものはデザインが工夫されているので、男性でも違和感なく身に着けられます。
V字ラインの結婚指輪には、ヨンドシーのこだわりが詰まっています。
少しだけ指にかかる、アシンメトリックなデザインにしているのです。
V字ラインの指輪は主張が激しいイメージがありますが、ヨンドシー独自のデザインになっているので、どんな人でも似あう結婚指輪に仕上がっています。
ストレートライン・ウェーブライン・V字ラインと、デザインによってそれぞれの良さがあります。
それぞれの良さを把握して、理想の1本を見つけましょう。

選び方など

リング

結婚する2人にとって、永遠の愛を誓うものとして、結婚指輪があります。
毎日、身に付けるものだから気に入ったもの選びたい、似合うものを選びたいと思うものです。
結婚指輪は、国内外の様々なブランドがあります。
その中の一つにヨンドシーがあります。
ヨンドシーは、1972年に創業以来多くの女性に支持されている宝飾店です。
そんなヨンドシーでは、普段使いのネックレスや指輪以外にも結婚指輪、婚約指輪などを専門に扱うヨンドシーブライダルがあります。
そんなヨンドシーで結婚指輪を選ぶメリットについて説明します。
ヨンドシーの結婚指輪は、プラチナものもが多くあります。
純度95パーセント以上のもとなっています。
また、99パーセントまで高めたものもあるのです。
そういったものを選ぶといつまでも変わることなく、結婚指輪が輝き続けてくれます。
そして、輝き続けるために生涯アフターサービスを行なってくれるのです。
そして、専門のスタッフが結婚指輪選びのサポートを行なってくれるのです。
ヨンドシーの魅力は、やはり、豊富なラインナップです。
定番の形から可愛らしいもの、クールなものなどあります。
日本人の指にあったデザインも多く、プラチナ以外の素材も取り揃えているのです。
結婚式までのスケジュールに合わせてサポートひてくれます。
選んでいく中で結婚式の4ヶ月前までに選ぶと良いです。
結婚指輪に刻印を入れたりする場合、時間がかかるので余裕を持って選ぶことが大切です。